2011年08月13日

湯治の旅

P1110824.JPG P1110915.JPG P1110918.JPG P1110916.JPG

つかの間の休日を利用して
鳥取県の三朝温泉まで足を伸ばしてみました。

事情で高松経由の遠回りとなったもので
往復11時間(1泊2日たらーっ(汗))の強行軍です。

ちなみに「みあさ」ではなく「みささ」と読むんですね。
自分も出発直前に知ったんですけどわーい(嬉しい顔)

しかしなんとのどかな風景でしょう。
三朝川のほとりには無料で入れる混浴露天風呂を発見!
丸見えなのでちょっと勇気がいりますね^_^;

さて職業柄気になる泉質はというと、
ここ三朝温泉のお湯は高濃度のラドン含有量を誇る
世界屈指の放射能泉だとかぴかぴか(新しい)

浸かってよし、飲んでよし。
古くは与謝野晶子や斎藤茂吉、島崎藤村など
名だたる文士たちも湯治療養に訪れたそうです。

「日本人にはやっぱり温泉なんだなぁいい気分(温泉)

誰もやって来ない(混浴)露天風呂でひとり
寂しく夏の疲れを癒すのでありましたかわいい



posted by K支配人 at 15:50| 愛媛 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。